感染症にかかってしまわない為の配慮

視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。 レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。

 

レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:2020-9-17

ダイエットをしていると
誘惑に負けそうになることが多々ありますよね。

そして、誘惑に負けては
ダイエット失敗を繰り返していたわたし。

わたしの場合、太った原因は
「食」でストレス解消していたことでした。

細かく原因を追究すると…
イライラすると、スナック菓子を食べてストレス解消。
お子さんたちが寝た後は、一人でゆっくりおやつタイム。
週の半分は弟とともに、深夜にチューハイ+おつまみで乾杯。
お子さんたちが残したご飯は、
もったいないので腹がいっぱいでも食べてしまう。
お子さんたちがよく食べるので、外食はバイキングが多い。
…という生活習慣が原因だったと思います。

ダイエットを始めても
この習慣はなかなか止められず
特にスナック菓子の誘惑には
負けてしまうことが多かったです。

しかし、
スナック菓子を食べるのって、悪いこと?
食べてストレス解消するのは、悪いこと?
何か、おかしくありませんか?

スナック菓子って、悪いものじゃないし、
食べることって、悪いことじゃない。

「食べちゃいけない!」と思って
食事制限をすることが
逆にストレスになっていませんでしたか?

それが、誘惑に負けてスナック菓子を食べてしまう
原因にもなっていたのでは?

甘いスナック菓子も、脂っこいお肉も
時間や量を考えて食べれば
ダイエット中でも問題ないんです。

たまにはバイキングで食べ過ぎてしまっても
あとで消費すれば問題ありません。

食べたい時には食べる。
楽しくダイエットをしていくことで
ストレスも溜まらず、長く続けられる。

途中で嫌になって挫折しては
また、リバウンドしてしまいます。

「食」に対するマイナスイメージは捨て
楽な気持ちになって、
長く続けられるダイエットをしていきましょう!